八王子市の歯科医院 みなと歯科 | 入れ歯 義歯 アタッチメント義歯 金属床義歯

お気軽にお問い合わせください。042-652-1116

診療案内

入れ歯・義歯

入れ歯で悩むなんてつまらない!よく噛める入れ歯で快適ライフを!
入れ歯・義歯
 入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯、そして保険の入れ歯と自費の入れ歯があり、素材も構造も様々です。まずは、患者様のお口の状態を診断・診査し、どのような入れ歯がお口にあうかご提案致します。

 「歯を失ったからこそよくわかる。」とよく言われますが、よく噛めて、美味しく食べられるということは最高の喜びだと思います。
当歯科医院では多少時間がかかっても、しっかり噛める入れ歯を目標に治療をして行きます。
保険の入れ歯も自費の入れ歯も一生懸命が私たちのポリシーです。

保険の部分入れ歯

保険の部分入れ歯
 部分入れ歯は周囲の健康な歯に固定する入れ歯です。
プラスチック(レジン)でできた土台(床)の上に歯を並べ、それを金属のバネで固定します。
 入れ歯を快適に使用するために、一番大切なことはバネをかける歯をしっかり治療することです。当歯科医院ではこの治療に力を入れています。
そのため使い始めてすぐに、歯がグラグラ・入れ歯がガタガタなどといった不快なことはありません。

 また、保険の入れ歯でも補強するための金属線を入れてますので長持ちします。しかし、そのために厚みが必要になるので違和感は多くなるかもしれません。
保険の部分入れ歯の長所

費用が安い

土台(床)の金属補強で長持ち

手術などの必要がない

 

保険の部分入れ歯の短所

厚みがあり違和感がある

長期的な変色や磨耗がある

口を開けると金属のバネが目立つ

食感や熱の感覚が鈍い

保険の総入れ歯

保険の総入れ歯
 総入れ歯は歯茎(顎堤)で支える入れ歯で、プラスチック(レジン)製なので若干厚みがあります。そのため安定感のある入れ歯を作る技術が求められます。

 保険の入れ歯でも快適にご利用頂くために、できるだけ精密な型採り(印象)を行い歯肉への負担が均一になるようにしています。また、土台(床)に補強するための金属線を入れてますので長持ちします。しかし、そのために厚みが必要になるので違和感は多くなるかもしれません。
保険の総入れ歯の長所

費用が安い

土台(床)の金属補強で長持ち

治療期間が短い

手術などの必要がない

保険の総入れ歯の短所

厚みがあり違和感がある

長期的な変色や磨耗がある

食感や熱の感覚が鈍い

 

OPアンカーアタッチメント義歯

OPアンカーアタッチメント義歯
 入れ歯が安定しない・口の中で入れ歯がガタガタ動いてしまうなどお悩みの方が大勢おられます。
OPアンカー・アタッチメント義歯は、入れ歯の土台となる歯根に金属を埋め込み、入れ歯側にO型のゴムを取り付け、ガタつきをなくしたアタッチメント式の入れ歯です。
 少ない本数でも十分な固定力が得られ、金属のバネもいらず、審美的にも良い入れ歯です。
OPアンカー・アタッチメント部は自費治療となりますが、入れ歯は保険でも製作できます。

金属床義歯

金属床義歯
 土台(床)の部分に金属を用いた、軽量・コンパクトな快適な入れ歯です。
保険のプラスチック(レジン)製の入れ歯は厚みを出すことで強度を確保しますが、金属床義歯は土台の主要部分の金属がその役目を担っています。
そのため強度を維持しながらも薄いので違和感が少なく、会話も楽になります。また金属の高い熱伝導率が食べ物の温度を即座に伝えてくれるので、今までに近い食事の感覚も楽しむことができます。
雑菌や汚れなどを吸収しやすいプラスチック(レジン)製の入れ歯と異なり、衛生的で清潔な入れ歯です。
金属の種類
コバルトクロム合金
 入れ歯用として古くから用いられてきた金属で実績と信頼があります。
保険の入れ歯の約1/3の薄さの入れ歯ができ、話しやすさや食事時の熱の伝わりやすさが増します。耐久性にも優れ、快適な状態で長期間使える入れ歯ができます。

チタン合金
 インプラントをはじめ人工関節など体内に埋め込むことができる体に優しい金属で、コバルトクロム合金の約半分という軽さが特徴です。
軽くて丈夫で金属アレルギーの心配もほとんどない最良の入れ歯ができます。
製造技術の難しい純チタンによる入れ歯もあります。

入れ歯・義歯の症例

症例1 金属床義歯(部分入れ歯)
術 前
上下とも保険の入れ歯を装着していらっしゃいました。
保険の部分入れ歯は金属のばね(針金のようなワイヤー)で固定するため安定が得られず、しっかり咬むことができませんでした。また入れ歯のあたりが出て痛みを感じられておりました。
術 前
術 後
金属床義歯(部分入れ歯)に変更しました。
床の部分がお口の中に密着し、ガタつかない入れ歯ができました。
金属のバネも見えにくくなりました。
術 後
症例2 上顎OPアンカー金属床義歯(総義歯)
    下顎リーゲルテレスコープデンチャー
術 前
術 前
保険の部分入れ歯を装着していらっしゃいました。すでにバネは折れ、がたついて食事がしにくい状態でした。
術後 上顎OPアンカー金属床(総義歯)
術後 上顎OPアンカー金属床(総義歯)
固定していた歯も痛んできているため、OPアンカーによるアタッチメント式の総入れ歯にしました。
このアンカーが入れ歯をガッチリつかんでくれるのです。
術中 レントゲン写真
上顎 OPアンカー金属床義歯
金属床の総入れ歯です。
熱伝導率の良い金属が味覚の重要な要素である食べ物の温かさを伝えてくれます。
おいしい食事の可能な入れ歯です。
術中 矯正終了
上顎 OPアンカー金属床を装着
金属床の総入れ歯を装着しました。
術前と比べて顔がまがっている状態も改善されました。
リーゲル・テレスコープデンチャー
下顎 フック内蔵精密義歯
 (リーゲル・テレスコープデンチャー)

歯と固定するためのフックの付いた入れ歯です。
確実な装着感が得られる入れ歯の最終進化形態です。
義歯をはずした状態
義歯をはずした状態
精密な処置が施されたフックの固定源となる2本の歯です。
義歯装着
義歯装着時
歯に固定するバネの必要がなく、違和感も少なく安定し、しっかり咬むことができるようになりました。
義歯装着
下顎 フック内蔵精密義歯
 (リーゲル・テレスコープデンチャー)  装着